TEAMチーム

コーポレート・ファイナンス、事業再生、デット・リストラクチャリング、債権・不動産投資、アセット・ファイナンス分野での多数のディール実績・マーケティング実績を有するメンバー構成。

創業メンバー

松田 清人取締役会長
日本興業銀行(現、みずほ銀行)にて営業部門及び企画部門に従事。みずほコーポレート銀行常務執行役員(営業担当)、みずほ証券副社長を経て2008年、ユニゾン・キャピタルにパートナーとして参画。長年に亘り産業界・金融界に構築してきたネットワークを活用した投資案件開拓に取り組んでいる。2012年、トパーズ・キャピタル創業に関わる。投資委員会メンバー。慶応義塾大学経済学部卒業。
新村 健代表取締役社長
日本興業銀行(現、みずほ銀行)産業調査部、ストラクチャード・ファイナンス部を経て、2000年にメリルリンチに入社、キャピタル・マーケット・オリジネーション、デット・リストラクチャリング業務等に従事。銀行の資本調達・リスクアセット削減案件、銀行大口融資先の私的整理(ADR)アドバイザイリー案件等に携わり多くの銀行とのネットワークを築く。2012年、トパーズ・キャピタル創業に関わる。投資委員会メンバー。早稲田大学法学部卒業。コーネル大学ビジネス・スクール卒業。
山田 真樹生取締役
日本興業銀行(現、みずほ銀行)にて債券ディーラー、大企業向け融資営業に携わった後、1995年に興銀証券(現、みずほ証券)に転籍、中央機関投資家及び地域金融機関への多様なクレジット商品の営業に従事。以降一貫してクレジット・プロダクトを中心とする債券セールス・トレーディング業務に携わり、国内外の幅広い機関投資家との深いリレーションシップを有する。2012年、トパーズ・キャピタル創業に関わる。投資委員会メンバー。一橋大学商学部卒業。証券アナリスト。
中薗 崇取締役
住友信託銀行(現、三井住友信託銀行)にて、不動産業務全般・通商産業省(現、経済産業省)産業政策局出向・融資業務に携わった後、2001年にゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン入社、アクイジション業務に従事。ゴールドマンによる債権・不動産・企業投資及び大手銀行との共同再生ファンド事業におけるプライシング/案件執行業務を中心となって手掛ける。2012年、トパーズ・キャピタル創業に関わる。投資委員会メンバー。京都大学法学部卒業。不動産鑑定士。
重光 孝司取締役
マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク、マネックス証券を経て2003年よりゴールドマン・サックス証券戦略投資部において債権、不動産、プライベート・エクイティの自己勘定投資業務に従事。2008年、ユニゾン・キャピタルに参画、プライベート・エクイティ投資に従事。2012年、トパーズ・キャピタル創業に関わる。東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科修了。

プロフェショナル・
メンバー

井口 信由ディレクター
日本興業銀行(現、みずほ銀行)プロジェクト・ファイナンス部、営業第四部、ストラクチャード・ファイナンス部、審査部企業審査室を経て2000年より米ローンスター・ファンド傘下のハドソン・ジャパンに入社。 ローンスターの日本におけるコーポレート・インベストメント(不動産以外の各種資産投資)の責任者として、ローン債権、株式等のプライシングを統括し、買取した債権のサービシングにも従事。 またローンスターが買収した東京スター銀行に出向し、審査部門の実質責任者も務める。 2017年、トパーズ・キャピタルに参画。東京大学工学部都市工学科卒業。
市瀬 秀明ディレクター
中央信託銀行(現、三井住友信託銀行)、バンカース・トラスト銀行を経て1999年にメリルリンチに入社。ストラクチャード・ファイナンス、証券化、アセット・ファイナンス案件の組成と実行に従事、多くのクロスボーダー取引に関与する。2010年以降はバンク・オブ・アメリカの商業銀行業務の営業も兼務し、ABL、ECAファイナンス案件等の実績を積む。2020年、トパーズ・キャピタルに参画。 早稲田大学政治経済学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ビジネス・スクール卒業。証券アナリスト、国際公認投資アナリスト。
陰山 和也ディレクター
三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行、法人審査部門の企業審査部事業戦略開発室や融資部で約20年間、融資審査及び企業再生業務に従事。企業再生業務では、大企業から中堅中小企業まで数多くの企業再生案件を手掛け、ファイナンス含めた再生スキームの構築に携わる。加えて、再生ファンドへの出資・運用管理や中堅企業のLBOファイナンス案件の管理業務にも従事。その後、サービサー業務を行う関連会社を経て、2021年、トパーズ・キャピタルに参画。京都大学経済学部卒業、京都大学大学院経済学研究科修了。証券アナリスト。
松崎 新悟ディレクター
日本長期信用銀行(現、新生銀行)にて大企業から中堅企業まで法人営業担当として融資業務を中心に法人取引業務に従事。2008年より三井住友銀行にて船舶プロジェクトファイナンスに携わるとともに、LBOを中心とした買収ファイナンスの組成と実行に従事。2014年よりみずほ銀行にて数多くのLBOファイナンスの実績を積み上げるとともに、PEファンドRMとしてM&A関連ビジネスや融資先モニタリングにも従事し、次長としてPEファンドビジネス全体を統括。2021年、トパーズ・キャピタルに参画。一橋大学経済学部卒業、メリーランド大学ビジネス・スクール卒業。
丸山 直義ディレクター
大和ハウス工業を経て、2000年にゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン入社。ゴールドマンによるディストレストローン投資のサービシング業務に従事。2005年にラサール・インベストメント・マネジメントに入社し、物流施設、商業施設、オフィスビルのAM業務に従事。その後、ゴールドマンにてサービシング業務に加え、プロジェクトファイナンス、不動産ファイナンス業務に長く携わる。2020年、トパーズ・キャピタルに参画。東北大学理学部卒業。
川原 朋子ディレクター
ECサイト運営会社、日本GMACコマーシャル・モーゲージを経て、2010年に東京スター銀行に入社、事業再生ラインの責任者として、法的・私的整理下の企業への再生ファイナンス業務や国内外の投資ファンドへのアセットファイナンス業務に従事。その後エネルギー系のスタートアップ企業にて、再生可能エネルギー分野に係るアドバイザリー業務に携わる。2018年、トパーズ・キャピタルに参画。2019年9月 ブルー・トパーズ代表取締役社長就任。東京大学法学部卒業。
合田 雅弘ディレクター
三和銀行入行、大手商社出向(電力プラント部)後国際金融部にて途上国インフラPJ向け融資組成に従事。1995年からシンガポール支店、2002年香港支店、2005年みずほ銀行グローバルトレードファイナンス営業部アジア室長(シンガポール駐在)。2015年帰国まで通算19年半のアジア駐在を経験、インフラプロジェクト向け融資やシンジケートローンの組成、コモディティー生産者や同大手商社、専門商社向け商品担保付き融資の組成等を陣頭指揮。2016年から2019年5月までドイツ銀行貿易金融営業部長。慶應義塾大学法学部卒業。
阪根 吉行ディレクター
日本興業銀行(現、みずほ銀行)にてポートフォリオ・マネージャーとして外国債券運用業務に、BNPパリバ証券にて金融法人営業に携わり、2007年よりピムコジャパンにて機関投資家営業に従事。特に近年は公的・私的年金の運用をアカウントマネジャーとしてサポート。2020年、トパーズ・キャピタルに参画。早稲田大学政治経済学部卒業。証券アナリスト。
上瀧 心爾郎ディレクター
三井住友銀行にて法人部門において主に中小企業向け融資業務に携わった後、2015年にSMBC日興証券へ転籍。銀行・ノンバンクの資本調達・経営統合案件のアドバイザリー業務に従事し、コアメンバーとして多数の案件を執行。2017年、トパーズ・キャピタルに参画。東京大学文学部歴史文化学科卒業。証券アナリスト。
都筑 雄介ディレクター
信金中央金庫にて支店において融資業務および信用金庫支援業務、本部においてコンプライアンス業務に携わった後、2015年にみずほ証券プリンシパルインベストメントに入社。企画管理部門を経て、LBOメザニンを中心とした投資業務に従事し、複数の案件を実行。2018年、トパーズ・キャピタルに参画。名古屋大学法学部卒業。証券アナリスト。
大越 崇輝ディレクター
日本政策投資銀行にて融資、M&Aアドバイザリー、エクイティの自己勘定投資業務に携わった後、2016年よりドイツ証券戦略投資部にてクレジット投資に従事。コーポレート・インベストメントのリードアナリストとして、ローン債権のプライシング、アセットマネジメントを主導。その後、香港のヘッジファンドを経て2020年にトパーズ・キャピタルに参画。東京大学経済学部卒業。
能登谷 祐大アソシエイト
みずほ銀行(浜松支店、新橋支店)にて法人営業、管理回収業務に携わったのち、2015年よりデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに入社。一貫してM&Aアドバイザリー業務に従事。2020年トパーズキャピタルに参画。早稲田大学商学部卒。
神谷 佑樹アソシエイト
PwCあらた有限責任監査法人にて資産運用会社及びファンドの会計監査に携わった後、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに入社。主にファイナンシャル・デューデリジェンスに従事。その後、プロレド・パートナーズにおける成功報酬型コスト削減業務、FWD富士生命保険での内部監査実務を経て、2021年トパーズキャピタルに参画。公認会計士、米国公認会計士(ワシントン州)。
足立 悠輔アソシエイト
みずほ証券投資銀行部門にて、主にストラクチャードファイナンスやコンセッション、再エネ上場ファンド及び事業証券化等多数の資金調達に係るアドバイザリー業務に従事。2021年トパーズキャピタルに参画。大阪大学法学部法律学科卒。
中田 昌美ファンドアドミニストレーション担当
三井銀行(現、三井住友銀行)にてローン専任者として融資業務に携わった後、シテイバンク、エヌ・エイ(現、シティグループ)においてカード事業部門債権管理業務、個人金融部門銀行業務検査業務、ファイナンス部門経理業務に従事。2019年、トパーズ・キャピタルに参画。明治大学法学部法律学科卒業。
金井 裕子ファンドアドミニストレーション担当
Apple JapanにてSales企画部での販売データ管理や財務部でのAR回収業務に携わった後、プラントエンジニアリング千代田グループ内の会社経理業務に従事。2016年、ユニゾン・キャピタルでのファンドアドミ業務を経て、2021年、トパーズ・キャピタルに参画。
谷澤 満弁護士
西村総合法律事務所(現、西村あさひ法律事務所)にて数多くの金融機関の資本調達、証券化案件に携わる。在籍中、金融庁総務企画局国際課に出向しバーゼル銀行監督委員会証券化ワーキンググループ、内部格付手法・証券化を担当。モルガン・スタンレー証券出向を経て、2011年谷澤法律事務所設立。2013年にトパーズ・キャピタルに非常勤ディレクターとして参画、投資委員会メンバーに就任。東京大学法学部卒業。コロンビア大学ロー・スクール卒業。弁護士。
原 邦彦リーガル・カウンセル
日本興業銀行(現みずほ銀行)金融商品開発部、香港支店、外国為替業務部等を経て、銀行在職中に旧司法試験合格。ホワイト&ケース、DIAMアセットマネジメント(現アセットマネジメントOne)で弁護士業務に従事。2年間の証券取引等監視委員会に勤務後、フィナンシャル・インテグリティ360法律事務所を開設。2021年8月よりトパーズのリーガル・カウンセル就任。弁護士。
河原 正幸ディレクター
ハドソン・ジャパンの法務・コンプライアンス部門を経て2003年、ゴールドマン・サックス証券入社。法務部門にて同社の株式会社化プロジェクトに従事した後、取締役会・株主総会等の手続きを担当。2011年、企業法務サービスを提供する株式会社イントリム及びイントリム虎ノ門司法書士事務所を開設。2013年にトパーズ・キャピタルに非常勤ディレクターとして参画、内部監査責任者に就任。同志社大学法学部卒業。ワシントン大学ロー・スクール卒業。司法書士。
斎藤 創監査役
弁護士/ニューヨーク州弁護士/創法律事務所代表弁護士。1997年西村総合法律事務所(現西村あさひ法律事務所)入所、2008年同事務所パートナー、証券化、ファンド、金融コンプライアンス、バーゼル規制、FinTech案件等に従事。2015年4月に現事務所を設立、同年6月トパーズ・キャピタル監査役就任。東京大学法学部及びニューヨーク大学ロースクールLLM卒。中央大学会計大学院兼任講師。
pagetop